スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

『沈黙−サイレンス−』

監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー キーラン・ハインズ 窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形 塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシ

 

スコセッシは『タクシードライバー』は大好きだけど他はそんなに思い入れない自分なので、『沈黙』もあんまり期待してなかったのだけど、すごすぎた。長いのに全然飽きる部分がない。地味なのにすごい。最初から最後まで隙がない。すごすぎる。

 

原作読んだ頃は、遠藤周作の他の小説、たぶん『留学』だったと思うのだけど、フランスに留学中の日本人(遠藤さんモデル?)が結核になって「木の文明の人間には石の文明の世界はつらい」みたいなこと書いてあってうなづいたりもしたんだけど、今、この映画を観ると、昔とはいろいろ違うことを考えた。

 

「日本の沼地に負けたのだ」みたいな話も、「日本異質論」みたいなことは思わなかった。なんといっても、極右全盛で権力すら握る現代日本なわけだけど、その日本の言論というか思想というか感情というか世相というかそういうのをリードしているというか象徴というかそういう存在の曽野綾子さんがカトリックだし、ネトウヨさんに大人気の麻生さんもそうなわけだし。

 

お奉行さまがなんか言うたびに「曽野綾子さんや麻生元首相もカトリックですよ!下っ端のあんたよりずっとずっとステイタス上というか日本最上位クラスですよ!」てなった。

 

というか、曽野さんとかこの映画とかみてどうなんだろう。マイノリティのキリシタンたちの苦しみにシンパシーを抱くのだろうか。それともやっぱ曽野さんらしく、キリシタンたちに対して「分をわきまえろ!迷惑かけるな!」って思うのだろうか。過去にこういうこと語ったり書いたりしたことあるのかもしれないけど、それはそれこれはこれなのだろうか。

 

 

そしてやっぱ原作読んだ頃と全然自分の意識が違うのはマイノリティ問題。原作読んだ頃とは感じる切実さが全然違った。すごい今日的な部分を感じながら観た。塚本晋也さんがインタビューで「自分は特定の信仰とかないけど、自分の信念を上から押さえつけられることへの反発はあるからそれを考えながら。信仰とは限らないけどこういうことはいつの時代にもあるから」的な話をしててまったく同意。

 

 

そして、モキチの塚本さんがひたすらすばらしかった。みんな言ってるけど『野火』観よう。キチジローは原作の自分の中でのイメージだともっとどうしようもない容姿というかなんといか、窪塚さんだとやっぱどこか凛々しいかんじがあって、自分の中のイメージの「どうしようもなさ」があんまりなくて、そのへん戸惑ったけど、自分のイメージは置いておくと、窪塚さん普通によかったと思う。

 

 

ところで、宇多丸さんの映画評を聴いたら、映画の賛否両方のメールを読んでたんだけど、どっちもありがちというかテンプレというかしょーもない中二的というかそういうのでトホホすぎた。

 

映画が良かったという方は「登場人物たちを善悪で描いてなく受け取り方は観る方にゆだねてるのがいい」とかなんとかで、あーまたそれかよ、みたいな。信仰を理由に拷問処刑しまくってる公権力の人たちの描写を見ても善悪で描いてないとか思っちゃうわけですか。それ歪みすぎでしょう。信仰を理由に拷問処刑しまくってる人たちが悪に見えないって、それただ単に、「日本側」みたいなカテゴリーにシンパシーを抱いたのと、彼らを優秀で知恵を持つ人間として描いてるからでしょう。簡単なバカに描いてないからでしょう。こういうこと言うと「絶対悪かどうかはわからない。絶対悪とすると正義の暴走を招く!」みたいなアレなこと言うんだろうけど、いや、程度問題でしょ、と。あんた、圧倒的に弱い者が圧倒的に強い者たちに拷問虐殺されるの目の前で見たとしても、善も悪もない、とか言うのかと。あんたのこと今ぶんなぐったら悪いのはこっちであんたは悪くないでしょう。そりゃ、ぶんなぐったとしたらもちろん理由はありますよ、あんたの考えがトホホすぎてムカつくって理由が。だけど、あんたの映画のこの程度の感想を理由にぶんなぐったら圧倒的に悪いのはこっちでしょう。

 

そして、映画が良くなかったという方は「主人公が自分のせいで他人の迷惑になってるのに、自分の正義を振りかざして正義の暴走しててうざかった」みたいなやつ。あーまたそれかよ、と。「正義の暴走して他人に大迷惑かけまくってるのは信仰を理由に拷問虐殺しまくってる公権力の人たちでしょ!なんでそっちは余裕でスルーできて圧倒的暴力の前になすすべもない一人の人間の方が気に入らないって言いたがるのですか...歪みすぎでしょ」と。

 

いや、ほんと、両方ともおなじみすぎて創作かよと驚くくらいなんだけど、宇多丸さんだかスタッフだか知らないけど選んだ人はこの2つをどういう考えで選んだんでしょうか。晒しものにしたのか、良いと思ったのか、まあ、良いと思ったんだろうな。

 

 

あと、「日本でなぜキリスト教が...」的な問いだけど、超ド素人の自分の適当な想像だと、「日本の文化はー」とか「日本人の考え方はー」とかそういうのは関係なくて、当時の権力者次第だったんじゃね?と。映画の中で主人公も「いや、弾圧されるまでは日本でもキリスト教栄えてたじゃん!」と言ってたけど、実際そうで、もし江戸の将軍様が「みんなキリスト教にしよ!」って気まぐれでもなんでもいいからやって何代か続いてたら、普通に今でも少なくとも50%くらいはキリスト教徒だったんじゃね?と。余程の大弾圧がその後になかったとしたら。ようするに運次第じゃね?と。というか、江戸の将軍様が「みんなキリスト教にしよ!」ってやらなくても、そもそも、江戸時代の弾圧がなかったら、権力者が放置してたら、九州はもちろん、日本中でかなり栄えたんじゃね?と。

| 映画 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

死刑基準 その2




出演:山本耕史 小澤征悦 戸田菜穂 柏原崇 京野ことみ 光石研 柄本明

この前こういう↓こと書いたわけだけど、まあ、どうでしょう。杞憂だったとは一応言えるとは思うけど。


wowowドラマ。はじまる前だけど。宣伝コピーそのままのドラマだったらやだなと。

「家族が殺されても、死刑反対を言えますか?」って なコピーですが、なら、「家族が冤罪を訴えながらも殺人犯として死刑判決を受け、そしてあなたも家族の有罪に確信が持てないどころか冤罪を確信してる状 況、いや冤罪だということを事実知っている(が証明はできない)状況ですが、それでも死刑賛成を言えますか?はやく死刑執行しろと言えますか?」とかも聞 いたらどうかと。


いや、昔、こういうことも書いたけど。

殺人犯全員死刑論
http://sezam.jugem.jp/?eid=1749

そ もそも、ほとんどの殺人犯は死刑求刑されないし死刑判決も受けないわけで、と。「家族が」とか「遺族が」とか死刑反対派に「どや顔」で言いたがるあなた は、じゃあ殺人犯全員死刑論をちゃんと訴えますか?と。ワイドショーでワイワイやってる事件にだけ噴きあがってないですか?みたいな。



と いうかさ、いやさ、確かに「家族が殺されても」ってのは困難な問いで考えるに値する話だけどさ、この手のノリで軽々しくというか「どや顔」で言うのは軽薄 な問いにしかならんよ。いや、実際に重い「転向」をした弁護士の方がいるのは有名だけどさ。(そして、家族を殺された方にも死刑廃止運動に関わってる原田正治さんのような方もいる。)

というかさ、「家族が」を問うなら死刑だけでなく他の問題でもどんな問題でもすべて「家族が」と問わなきゃ。

いろんな問題で「家族が」や「自分が」と問うことは大切で、それこそジョン・ロールズの「無知のヴェール」みたいな議論ができるかもしれないけど、死刑の話のときだけ、それも一方の面しか問題にしないで、「どや顔」でこういうこと言うのはねえ。


「正 義論」とはまた別に、現実問題というか素朴な直感としては、すべての難問において「当事者」そのものであることは不可能なので(たとえば、自分の子供がソ マリアで餓死寸前ではないし、家族が旧ユーゴ戦争で壮絶な死に方をしたわけでもない)、問題への取り組み方についてはある種の割り切りもしょうがない、と 苦しいながらも、するしかないところもあるし。この「しょうがない」も己の不作為への開き直りではなかろうか、とまたなやましいわけで。その「しょうがな い」はどれほどの葛藤や苦悩がともなったうえなのか。たとえ葛藤や苦悩を経たものであっても、開き直り・居直りの「しょうがない」と結果としては変わらな いのではないか、とか。


このドラマ、こういうこともちろん考慮ずみで、宣伝コピーそのままなんてことにはなってないことを期待したい。とりあえず加茂隆康さんの原作のことはまったく調べずに観てみる予定。




まあ、現実の世の中では弁護側にああやって協力してくれる捜査関係者や検事なんて出てこないでサクサク進んでるんだろうけど。というか、今までの冤罪事件で捜査関係者や検事がこういうことやったなんてないよね?


というか、「冤罪の可能性が1%でもあれば弁護士は」とか言ってたけど、それおかしいでしょ。「死刑求刑されたら、冤罪の可能性ゼロ(たとえば公衆の面前で犯行、鮮明映像あり)でも、担当弁護士は全力で被告人の死刑を回避すべく努力する義務があるでしょう。当たり前に。


それはともかく、

最近の世間の死刑論議って、すっかり「遺族感情」の話ばっかりだなあ。もちろん遺族感情の問題は大切だけどさ、こればっかりに集中するのはなあ。まあ、このドラマは前半はそうだったけど、後半は一応冤罪を焦点にしてたけど。


「もし家族が」とか言うけどさ、「もし家族が凄惨なレイプ被害にあったら」とか考えればさ、加害者殺したくなるよ、死刑になってほしいと思うかもしれないよ、そりゃ。けどさ、

死刑は絶対にないわけで、どんな酷いレイプでも。

被害者や被害者家族が、死刑がムリなら加害者を散々拷問してくれって思ったとしても、絶対にそれはかなわない。

殺人罪で死刑という刑罰が日本では、日本では、存在するから殺人犯の死刑の可能性があるわけで。

レイプで死刑、レイプで拷問、ってな刑罰は日本にはない。いくら被害者が、被害者家族が望んだって、絶対に不可能。

どんなに凄惨な犯罪でも拷問刑にはならない。どんなに凄惨な拷問を加害者が被害者に対してしても、被害者や被害者家族がこの加害者を死刑にしてくれ、死刑がムリならせめて拷問してくれと願ってもそれはムリ。拷問どころか三発殴られるみたいな刑もムリ。

被害者や被害者家族が「一発くらい殴らせろ」ってのも当然ムリ。殺人事件の遺族が「死刑じゃなくてもいい、せめて俺に一発殴らせてくれ」もムリ。

こういう場合、「被害者や被害者家族の思い」は? 

逆に、十人くらいが虐殺された事件があったとして、もし遺族のすべてが「死刑はやめてください。無期懲役にしてください」と言ったとしても、現行法ではまあ死刑でしょう。

「遺族の思い」はとても重要だけど、当然ながらすべてではないわけで。



あとさ、「殺してやりてえ」と思うことと、実際に「死刑にしろ」と公言するまでの距離もあるはず。

俺は妄想の中では散々人殺してるけど、それはあくまで妄想の中だけなわけで。




「ほとんどの殺人犯は死刑求刑も死刑判決もない」と前のエントリーで書いたけど、「遺族が」というなら、死刑求刑されないような殺人事件の遺族だって、死刑求刑・判決になるような最凶クラスの事件の遺族だって、思いはたいして変わらないような気がするし。

遺族の思いは変わらないと仮定するなら、やっぱ殺人犯全員死刑を言うのかと。



このドラマの最後に弁護士が、

「死刑制度は、個人の恨みを国が代わってはらすためためにあるんじゃない。かけがえのない命を奪った罪には、かけがえのない命を差し出すことでしか、つぐなえない。多くの日本人が、死刑制度を支持しているのは、それが理由だと私は思います。」


と言うけどさ、世間ではやっぱ「遺族が」「遺族の恨みを国が代わってはらせ」ってのが強いんじゃないかなあ。

でも↑の弁護士が言うとおりだったとしよう。

じゃあそれならやっぱ殺人犯全員死刑でしょう。

殺人犯全員死刑じゃない現在は、一応最凶クラスの殺人犯だけが死刑事案ってことになってるわけだけど、最凶クラスであろうとそうでなかろうと、殺人犯は「かけがえのない命を奪った」わけなのだから、殺人犯全員死刑だろう。


ちなみに、俺が死刑制度に反対なのは、まあいろいろ理由あるけど、結局のところ、「無抵抗の人間を殺すのはダメ、正当防衛以外の殺人はダメ」ってのに落ちつきそうなかんじ。


追記:

日本では毎年約100万人が 死亡している。ところが、その中で明らかに病死以外の「異状死」とみられる15万人以上の遺体が、正確な死因がわからないまま処理されている。このことが “事故や事件の見逃し”という事態を招き、防げたはずの更なる犠牲者を生み出す「負の連鎖」を生み出している。齋藤愼也さん(当時29)は23年前、北海 道北見市のアパートで死亡した。解剖されずに下された死因は「溺死」。しかし、父・武雄さんはこれを信じてはいない。死の直前、愼也さんが周囲にガス湯わ かし器の不調を聞いていたことと、5か月後、同じ部屋で男女2人が一酸化炭素中毒で死亡したからだ。武雄さんは今も心の整理がつかず苦しんでいる。死因究 明制度が抱える問題を検証し、目指すべき道を探る。

http://www.ntv.co.jp/document/back/201109.html


「遺族が」というなら、こういう遺族や問題にももうちょっと関心を向けてもいいんじゃないかと思う。ワイドショーでワイワイやってる事がらだけでなく。



| 映画 | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

死刑基準




出演:山本耕史 小澤征悦 戸田菜穂 柏原崇 京野ことみ 光石研 柄本明

wowowドラマ。はじまる前だけど。宣伝コピーそのままのドラマだったらやだなと。

「家族が殺されても、死刑反対を言えますか?」ってなコピーですが、なら、「家族が冤罪を訴えながらも殺人犯として死刑判決を受け、そしてあなたも家族の有罪に確信が持てないどころか冤罪を確信してる状況、いや冤罪だということを事実知っている(が証明はできない)状況ですが、それでも死刑賛成を言えますか?はやく死刑執行しろと言えますか?」とかも聞いたらどうかと。


いや、昔、こういうことも書いたけど。

殺人犯全員死刑論
http://sezam.jugem.jp/?eid=1749

そもそも、ほとんどの殺人犯は死刑求刑されないし死刑判決も受けないわけで、と。「家族が」とか「遺族が」とか死刑反対派に「どや顔」で言いたがるあなたは、じゃあ殺人犯全員死刑論をちゃんと訴えますか?と。ワイドショーでワイワイやってる事件にだけ噴きあがってないですか?みたいな。



というかさ、いやさ、確かに「家族が殺されても」ってのは困難な問いで考えるに値する話だけどさ、この手のノリで軽々しくというか「どや顔」で言うのは軽薄な問いにしかならんよ。いや、実際に重い「転向」をした弁護士の方がいるのは有名だけどさ。(そして、家族を殺された方にも死刑廃止運動に関わってる原田正治さんのような方もいる。)

というかさ、「家族が」を問うなら死刑だけでなく他の問題でもどんな問題でもすべて「家族が」と問わなきゃ。

いろんな問題で「家族が」や「自分が」と問うことは大切で、それこそジョン・ロールズの「無知のヴェール」みたいな議論ができるかもしれないけど、死刑の話のときだけ、それも一方の面しか問題にしないで、「どや顔」でこういうこと言うのはねえ。


「正義論」とはまた別に、現実問題というか素朴な直感としては、すべての難問において「当事者」そのものであることは不可能なので(たとえば、自分の子供がソマリアで餓死寸前ではないし、家族が旧ユーゴ戦争で壮絶な死に方をしたわけでもない)、問題への取り組み方についてはある種の割り切りもしょうがない、と苦しいながらも、するしかないところもあるし。この「しょうがない」も己の不作為への開き直りではなかろうか、とまたなやましいわけで。その「しょうがない」はどれほどの葛藤や苦悩がともなったうえなのか。たとえ葛藤や苦悩を経たものであっても、開き直り・居直りの「しょうがない」と結果としては変わらないのではないか、とか。


このドラマ、こういうこともちろん考慮ずみで、宣伝コピーそのままなんてことにはなってないことを期待したい。とりあえず加茂隆康さんの原作のことはまったく調べずに観てみる予定。


観賞後↓

死刑基準 その2
http://sezam.jugem.jp/?eid=2700





| 映画 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ゴールデンスランバー




2009年 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、堺雅人、香川照之

はー。なんかねー。今の日本映画のダメさというか水準というか、そういうのの典型というか象徴というか。これが日本映画の中でも最低な部類ってなら別にいいけど、それなりに高評価というかまあウケてる部類っぽいからなー。あー。


本ネタそのものは悪くないのに、このつまらなさ。

おもしろくできない技量だけでなく、ひとりよがり的話・ネタのオンパレードで逃亡エンタメとしてのテンポも緊張感もまるでなし。原作(あるようだけど)はしらんけど。

過去シーンも話ぶったぎるだけでつまらないし、「アイドルとやったのか?」ネタもつまらないのにしつこいし、なんつーか、・・・。

こんなんで2時間をはるかに超えるってなんですか。2時間越えは、こりゃそれなりの傑作だっていう自信のあるものだけにしてくれよ。

長い日本映画大好きですよ、俺は。4時間の『愛のむきだし』も、4時間近い『ユリイカ』も、3時間越えの『実録・あさま山荘への道』も。

だけどさ、なんかさ、最近、つまらないくせにダラダラ2時間越えの日本映画多すぎないか?切れ!90分、せめて100分にしろ!って渇入れる製作者はいないのか?

巨匠ならしゃーないけどさ、巨匠でもない人たちがさー。


というか、巨匠だって、昔の増村保造作品なんて、90分潔くサクサクってかんじで佳作連発してたっぽいのに。もっと観てーってな90分作品がゴロゴロと。

つまらない2時間越え連発されてもなあ。

てかリュック・ベッソン関係の90分エンタメ映画(たいしておもしろくないけどサクっと〆る潔さはすばらしい)をでも見習ってくれよ。





| 映画 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

隣の家の少女




監督:グレゴリー・M・ウィルソン 出演:ブライス・オーファース、ダニエル・マンシェ、ブランシェ・ベイカー、グラント・ショウ、グレアム・パトリック・マーティン、ベンジャミン・ロス・カプラン、ウィリアム・アサートン




| 映画 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

シャッター アイランド




監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー、マックス・フォン・シドー、パトリシア クラークソン、ジャッキー・アール・ヘイリー、イライアス・コティーズ、テッド・レヴィン





| 映画 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

息もできない




製作年:2008年 製作国:韓国 原題:BREATHLESS  監督:ヤン・イクチュン 出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン、チョン・マンシク、ユン・スンフン、キム・ヒス、パク・チョンスン、オ・ジヘ、ヤン・イクチュン





| 映画 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 vol.4 BURN NOTICE




2007年 監督:ロッド・ハーディ  コーリン・バックシー 出演:ジェフリー・ドノヴァン ガブリエル・アンウォー  ブルース・キャンベル  シャロン・グレス 





| 映画 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 vol.3 BURN NOTICE




2007年 監督:ロッド・ハーディ  コーリン・バックシー 出演:ジェフリー・ドノヴァン ガブリエル・アンウォー  ブルース・キャンベル  シャロン・グレス 




| 映画 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 vol.2 BURN NOTICE




2007年 監督:ロッド・ハーディ  コーリン・バックシー 出演:ジェフリー・ドノヴァン ガブリエル・アンウォー  ブルース・キャンベル  シャロン・グレス 




| 映画 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM