スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

なんだかなーなことばかりの尖閣問題/映像流出問題。




とりあえず思ったことをいくつか。


というか、大前提として、現在も尖閣は日本が実行支配しているわけで。とりあえず日本にとっては現状維持でいいわけで。現状維持でいい側がことを大きくして、モメ事にしたって得ないわけで。このへんのこと理解せずに沸騰してる方々は正直どうかと。

この前もテレビ(『とくダネ!』だったような)のアナウンサーが、「日本政府の立場は、「領土問題は存在しない」ということなのだから、日中首脳会談では尖閣問題に関して毅然と主張しなければ」みたいなこと言ってたけど、なんだそれ、と。逆だろ、と。

領土問題ならばこそ主張して「問題化」すべきなんであって、領土問題なんて存在しない現状維持でいいって立場なら会談で持ち出して「問題化」させたら逆効果になるだろ、と。

そして、中国側も会談でこの問題に触れたくないということは「現状維持でいい」ってことだろ?おーい、中国の公式な立場は「中国領土」なのに「現状維持=日本の実行支配でとりあえずいい」ってことだろ、ならそれでいいだろって。

これ以上「問題化」して日本に得になることはない。中国の公式の立場が「領土放棄します」になることなんてありえないわけで。


まあ、目的そのものが「日中関係悪化」「両国でのナショナリズム沸騰」「現政権弱体化」な場合は更なる「問題化」が重要だけど。そういうわけで「問題化」は日本の国益にとってはマイナスだけど「右派・保守勢力」にとっては、まあ、合理的。


というか、「問題化」すべきならむしろ北方領土でしょ。現状維持で日本に圧倒的有利な尖閣で沸騰しててどうすんだか。

ただ、北方領土と逆で、現状有利な尖閣だからこそ安心して楽しく沸騰できるって側面もあるかも。よほどのこと(武力衝突)がないと日本に有利な現状が変わることはないと感覚的にわかってるからこそ。これが頭で理解されてるとは思えないけど。「日本は中国の言いなりでくやしい」みたいなセンチメントが広く存在するのを見ると。






「流出」について。

公務員による暴露自体を全否定する気はない。公権力による人権侵害とか、人道に関わる問題とか、公権力による違法・犯罪行為とか、こういう問題を告発するための暴露はアリだろう。

で、今回のはどうだ? 映像の中身はだいたい政府の主張してたとおりだし、上記のような告発されるべき問題もないし。告発の目的が、まあ、結局のところ「反現政権」でしょ。(「○○の真実」みたいな語彙センスはモロ右派っぽいし。)「反現政権」がすべての方々にとっては肯定できるだろうけど、それ以外にとってはねえ。

人権問題もなきゃ、日本の国益にもマイナスだし。「更なる尖閣問題化」もそうだけど、両国でのナショナリズム沸騰は外交上のフリーハンドが減りまくりだし。


「危険な任務についている海上保安官の思い」みたいな情緒面もねえ、そりゃ「理解」はするし「ありがとうございます」だけでなく「すまんなあ」とも思うけど、ちょっと重要な職責への理解が足らなすぎないか?と。そもそも、国境警備を軍隊でなくその他の組織がやるのは、隣国との間で領土周辺でのまたは領土をめぐるイザコザをエスカレートさせないためなわけで。イザコザ→武力衝突→戦争とならないようにするための知恵なわけで。

人権侵害が隠蔽されてたとかじゃないのに、その海上保安官がエスカレーションを煽ってどうすんだか。というか、武力組織の中堅が暴走→世間喝采って、まあ、さんざん指摘されてるけど、ねえ、戦前(略)


というか、石原慎太郎さんは、今後、国旗国家強制問題で「ルールなんだから」とか絶対言っちゃダメね。




流出映像について。

メディアの方々は「体当たりは明らかだ」とか言ってるけど、そうか?素人の俺にはさっぱりわからんけど。まあ、素人だから、「明らかだ」と言われるとそう見えてくるけど。でもよ、逃げるときに体当たりしながら逃げるって船以外(船の場合は知らん)なら普通にありえることだよね。

というかさ、あの映像は海保が用意したものなわけで。ようするに警察が「こいつ悪いことしました」を証明するために用意した映像なわけで。

それに海保の側から撮った映像だから第三者からの「客観的」な画とまではいえないわけで。

まあ、最初に日本政府が強攻策に出たわけだから、まあそれなりに「悪質」だったのでしょうとは思うけど。と思うくらいには、海保と日本政府に俺は信用をおいてるけど。たいしたことないことから火を豪快につけまくるなんてことはこの種の問題で、しょぼい「公安事件」で普段やってるようなことをやるとまでは思わない。



映像公開について。

釈放後も、なんで政府は公開しないんだ?と延々やってきたわけだけど、簡単な話でしょ。公開する理由は「こんなひどいことしましたよ!」ってのを日本国内世論に向けて(中国からすればそもそもうちの庭で海保はなにやってんだよ!になるからあまり関係なし)見せることなわけで。

釈放前、逮捕直後、起訴有罪に持ち込む意思がある場合(そして「ほんとに悪いことしたの?」みたいな疑念が日本国内にあるとき)に見せるならわかるけど、釈放後見せてどうすんの。

ある意味、公開は日本国内のナショナリズム沸騰を調達するためになされるわけだから、ナショナリズム沸騰が国益増進の足かせになる状況で見せてどうすんの。公開前向きだったら政府バカすぎでしょ。




事件直後の対応。

まあすべては最初の強硬策が失敗だったわけだけど。逮捕したらさっさと強制送還でいいのに見通しもなく強硬策ってひどい。あまりのひどさに陰謀説まで考えてしまう。強硬策の目的が日中関係悪化だった、みたいな。まあそれはないと思うけど。

普通に原理原則優等生(良くも悪くもサヨク的ともいえる)ってかんじでやって失敗しただけだと思うけど。



でも、俺が学んだのは、こういう最初の強硬策の失敗ってあんま批判されないのね、というか、「最初の強硬策の失敗が批判されないメカニズム」を理解した。事件や世論のエスカレートが起こると最初の強硬策の失敗を批判できない雰囲気が醸成されるメカニズム。


というかさ、釈放の仕方はともかく(堂々と指揮権発動を明言すべしとか)、釈放自体を弱腰とか批判してるテレビメディアのみなさん、見通しあるんですか?どこまでのエスカレーションを許容・我慢できるか少しは考えた上で煽ってるんですかね?マジで不安なんですが、メディアのみなさんのノリに。


さんざん言われてきたことだけど、テレビはやりっぱなしだからなあ。新聞雑誌なら1930年代40年代のはずかしい代物が残ってるけど、テレビはこんなかんじには今後も残らなそうだしなあ。こんな調子で人気取りに勤しみつづけるのでしょうか。




ところで、日本のメディアで中国について解説がなされる際、中国内部の権力闘争や若者の閉塞感(や格差)が語られるわけだけど、程度はともかく日本も似たようなもんかと。閉塞感もあるだろうし、尖閣問題を権力闘争に利用する人たちも普通にたくさんいるし。

もちろんこの問題を権力闘争に利用すること自体は悪くないというかいちいち批判してもしかたがない。それが政治。なにかあれば主張し訴えることは当たり前のことだし、「利用」とそうでないものをきれいに線引きできるわけもないし。




| 政治・社会・時事 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

だからさ、EXILEってさ、

8a2CIMG0450.jpg

   
victoryだかfantasyだかどっちだかわからないけど、そういう曲のPVみた。サッカー日本代表応援曲みたいなやつ。だからさ、二度目だけどさ、というかさ、面倒だからさ、またさ、前に書いたのを引用するだけにするけどさ、恥ずかしくないのかね。


天皇がらみでのEXILEが・・・

そもそも、exileって言葉の意味は「追放、流刑、 追放人、亡命(者)」ってなかんじなわけだけど。ようするに、「世間的、体制的にはワルのアウトサイダー」を気どってこのグループ名にしているわけでしょう。「反国家的存在」を意味する言葉。

いや別に「すべては商売のため」でいいんだけど、この名前のせいでなんかカッコ悪すぎる。サングラスがどうとか規則正しい生活がどうとかもうね、どんだけ世間体制に媚びてんだか。exileって名乗ってるくせに。


おまけにテレビで「ふたつの唇」?だかなんだかという曲のPVを見たら、メンバーがバッジつけてて、なんと「EXILE POLICE」って書いてあるし。だから「EXILE」って追われる方でしょって。ポリスに追われるのが「EXILE」。

なんかもうね、「EXILE」って名乗りながら「正しいポリス」ワナビーって、だからもう、いや、こんなこと書くのヤボすぎるんだけどねえ、やっぱ、日本を代表するエンタメ文化現象なわけだし、一応ツッコんどくべきだろう、やっぱ。

というか、この元も子もなさにとてつもなく脱力してしまう。

http://sezam.jugem.jp/?eid=2273



| 政治・社会・時事 | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

天皇がらみでのEXILEが・・・





そもそも、exileって言葉の意味は「追放、流刑、 追放人、亡命(者)」ってなかんじなわけだけど。ようするに、「世間的、体制的にはワルのアウトサイダー」を気どってこのグループ名にしているわけでしょう。「反国家的存在」を意味する言葉。

いや別に「すべては商売のため」でいいんだけど、この名前のせいでなんかカッコ悪すぎる。サングラスがどうとか規則正しい生活がどうとかもうね、どんだけ世間体制に媚びてんだか。exileって名乗ってるくせに。


おまけにテレビで「ふたつの唇」?だかなんだかという曲のPVを見たら、メンバーがバッジつけてて、なんと「EXILE POLICE」って書いてあるし。だから「EXILE」って追われる方でしょって。ポリスに追われるのが「EXILE」。

なんかもうね、「EXILE」って名乗りながら「正しいポリス」ワナビーって、だからもう、いや、こんなこと書くのヤボすぎるんだけどねえ、やっぱ、日本を代表するエンタメ文化現象なわけだし、一応ツッコんどくべきだろう、やっぱ。

というか、この元も子もなさにとてつもなく脱力してしまう。



| 政治・社会・時事 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

皇族消滅はマッカーサーがしかけた時限爆弾!?

 




的なネタを『サンプロ』で田原総一郎さんが紹介していて、ゲストの所さんも竹田さんのこのネタに同意してるっぽかったけどさあ、ねえ。


いや、この本読んでないんでこのネタの根拠は知らないけどさ、なんというか、マッカーサーやアメリカ人を過大評価しすぎじゃないの?いつものことながらこの手の陰謀論は相手の力を過大評価しすぎ。


そもそも、あくまでこれは皇室典範という「法制度」の問題なんだから、マッカーサーがどういう意図でしかけたとしても、占領終了後に変えようと思えば変えられたわけで。女性・女系アリにするとか旧宮家をどうこうするとか今現在議論されてる制度に変えることは可能だったわけで。この60年近くの「不作為」は完全に日本側の問題なわけで。マッカーサーやアメリカなんて関係ないって。



というか、そもそも現在の皇室典範のままだって、逆に男子ばっかりガンガン生まれてればねえ、全然危機じゃなかったわけで。現在のように女子ばかりってことが起こることこそ確率的にはそうとう奇跡的なわけで。マッカーサーはこのように男子が全然生まれないことまで予期していたというか仕組んだのかと。電波。



| 政治・社会・時事 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

田母神さんの「日本がいい国だと言ったらクビにされた」

 


こういうありえないくらい幼稚なことをいまだに言ってる田母神さん。


たとえばアメリカで、「奴隷制は正しかった」「奴隷制はなかった」「奴隷制はコミンテルンの陰謀だから」「アメリカに黒人差別なんてなかった」「黒人差別は正しかった」とか言って怒られた人が、「アメリカがいい国だと言ったら怒られた」とかあちこちでずっと言ってたら、もうね、アレでしょ。ドイツで「ユダヤ人(略)



| 政治・社会・時事 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

『サンデーモーニング』の「風をよむ」




 
ときたま目にするくらいだけど、このコーナーって、結局のところ「昔はよかったのに、最近は・・・あーあ。」的なものばかりのような。街頭インタビューで「昔を知っている(はずの)オジサン」にそういうこと言わせたり。


でも実際はただただ昔のことを忘却して昔を美化しているだけ。少年犯罪問題などでおなじみの「最近の若者は論」と同じ。おまえら昔のことをちゃんと思い出せよ、ってな話。安易な進歩史観もうざいけど、この手の忘却美化が基本の退化史観のトホホ性はもうアレ。



 

| 政治・社会・時事 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

全国高校駅伝と留学生差別問題




 
いつからかわからないけど、留学生が一区を走っちゃダメということになったようで。

明らかな留学生差別なわけだけど、さて、いったいどのようなロジックでこの差別が容認というか正当化されたのだろうか。というか、どういう議論がなされたのだろうか。


プロ野球の場合に考えられる「営業上」という理由は、表向きには、高校駅伝で使えるとは思えないし。


いや、もちろん、俺はリバタリアンではまったくないから、リベラルなロジックに基く介入はありえるという立場だけど。


だけれども、高校駅伝のこの介入にはアリと思えるロジックが俺自身思いつかない。


まあおそらく、「日本人選手育成」みたいな国益的またはナショナリズム的理由が主なのだろうけど、ならやっぱ、日本人有力選手が揃う一区にちゃんと留学生に走ってもらって、日本人有力選手に全国テレビの前で悔しい思いをしてもらい今後の糧にしてもらう、というロジックのほうが筋いいと思うけど。


結局、やっぱ、「営業上」の問題かな。決め手は。「最初から黒人数人が独走してつまらん」ってな視聴者のしょうもない感情に媚びて。NHKなんかも陰に陽にプレッシャーかけてたりして。


| 政治・社会・時事 | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

日本人はめぐまれている。世界にはもっと貧しい人たちがいる。




的なことを貧困問題等の議論で言い出す人がいる。曽野綾子さんとか。ようするに、だから、貧困層の日本人は世界の貧しい人たちよりはマシなのだから我慢しろ、というか、日本国に感謝しろ、日本国を愛せ、日本国につくせ、(日本国のために死ね)、ということだろう。


この議論を逆に利用してみたい。


日本のお金持ちの方たちにもう少し負担をお願いするために。日本のお金持ちはめぐまれています。日本にも世界にももっと貧しい人たちがいるのだから、それらの人たちよりだいぶマシな状態の日本のお金持ちのみなさんにほんの少し我慢をお願いしたい、ほんの少し負担を増やさせてほしい、もっと貧しい人たちのために。と。


「貧乏人を甘やかすな」に対して、「お金持ちを甘やかすな」で。


どっちがより「我慢」できるか、もう少し「我慢」できるかといえば、そりゃ「貧乏人」より「お金持ち」だろうし。



| 政治・社会・時事 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

俺が沖縄人だったらマジで独立したくなる。





テレビでの普天間基地問題の扱い方を見てると。メディアのモラルサポートがまったくない。県外・国外移転へのサポートがない。他人事に扱うならまだマシなくらいで、おもいっきり現行の合意通りにやれという雰囲気。明言しないところがまたいやらしい。さっきやってたテレ朝のワイドスクランブルでも。


鳩山さん、原理主義者・岡田さん、そして民主党そのものがこの前までどう言ってたかなんてほとんど報じず、民主党に対してこの前まで言ってたことはどうしたとツッコミ入れる社民党が逆に罵倒されてるし。それもデーブ・スペクターに。少数政党のくせに生意気だ、誇大妄想してるんじゃないか、とか。前もデーブさん、社民党と国民新党は少数政党なんだからガタガタ言うなって言ってたけど。


デーブさんって、イラク戦争時、おもいっきりイラク戦争大賛成してたけど。お前だろ、妄想がひどかったのは。


ほんとこんな番組ばかり見せられたら、マジで独立したくなるだろう。沖縄の人たちはよく我慢してる。まあ何十年もこうだから諦め入ってんだろうねえ。あらためて沖縄に申し訳なく思いますわ。



| 政治・社会・時事 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

「現代の価値観で過去を批判するな」的言い草

 


戦後書かれたあの戦争に批判的な書物を、自分で読んだことある人間ならこんなこと、ベタには、言わないだろう。


左翼的な人の本だろうと保守的な人の本だろうと、あの戦争や当時の様々なことを批判的に言及する際、「現代」的な視点から(たとえば現代の学問の水準から)も当然論じるが、当時の国際法や陸軍刑法等の国内法を根拠に論じたり、日本政府や軍の政策・行動や国民一般世論などに批判的考えをもっていた当時の知識人・軍人・外交官等(一般国民も)の言葉などをたくさん使って論じてる。もちろん、当時の外国人の日本についての言説も使ったり(孫文だったりガンジーだったり)。


そうそう、天皇の意思なんかも。家永三郎の著書にも、天皇の意向を無視したことを批判的に書いてある部分があったり。ようするに、当時の天皇の価値観や意向を基準にして当時のことを批判しているわけだ。


また、日中戦争・大東亜戦争での捕虜政策については、日清・日露戦争や第一次世界大戦での国際法を遵守しようとしたという日本の政策と比べてるのがお約束だし。



当時や以前からの価値観や当時の人たち言葉を使って批判している部分がたくさんあるのに、「現代の価値観で過去をどうだこうだ」的なことをいって終わりにするのは相当おかしい。


保守派知識人は、これを難癖で失当であると自覚していながら、これを「扇動用語」としてあえて使っているのだろうけど。


というか、「現代の価値観で過去を批判するな」的なことを言う人はむしろ「日本」について「自虐的」すぎだろう。当時の日本にも、あの戦争や時代の様々な部分を批判的に見れる「価値観」はあちこちに存在した。こういう価値観が当時の日本になかったなんてみなす方がはるかに「自虐的」だろう。日本人をなめるな、と。


むしろ、あの戦争やあの時代に批判的な書物を読むと、時代に批判的であった一部の人たちの鋭さに感心させられることが多い。石橋湛山あたりは超有名だけど、他にもいろいろな立場のいろいろな人たちの言葉がいろいろ紹介されていて目からウロコだったりするものだ。読めばわかるはずだけど読んでないのだろう、「現代の価値観で過去をうんぬん」的なことを繰り返すそこらの方々は。


ちなみに、現代の視点から過去を論じることはもちろん当たり前に重要。


 

| 政治・社会・時事 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM