スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 隣の家の少女 | main | 沈まぬ太陽(二) アフリカ篇・下 >>

ゴールデンスランバー




2009年 監督:中村義洋 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、堺雅人、香川照之

はー。なんかねー。今の日本映画のダメさというか水準というか、そういうのの典型というか象徴というか。これが日本映画の中でも最低な部類ってなら別にいいけど、それなりに高評価というかまあウケてる部類っぽいからなー。あー。


本ネタそのものは悪くないのに、このつまらなさ。

おもしろくできない技量だけでなく、ひとりよがり的話・ネタのオンパレードで逃亡エンタメとしてのテンポも緊張感もまるでなし。原作(あるようだけど)はしらんけど。

過去シーンも話ぶったぎるだけでつまらないし、「アイドルとやったのか?」ネタもつまらないのにしつこいし、なんつーか、・・・。

こんなんで2時間をはるかに超えるってなんですか。2時間越えは、こりゃそれなりの傑作だっていう自信のあるものだけにしてくれよ。

長い日本映画大好きですよ、俺は。4時間の『愛のむきだし』も、4時間近い『ユリイカ』も、3時間越えの『実録・あさま山荘への道』も。

だけどさ、なんかさ、最近、つまらないくせにダラダラ2時間越えの日本映画多すぎないか?切れ!90分、せめて100分にしろ!って渇入れる製作者はいないのか?

巨匠ならしゃーないけどさ、巨匠でもない人たちがさー。


というか、巨匠だって、昔の増村保造作品なんて、90分潔くサクサクってかんじで佳作連発してたっぽいのに。もっと観てーってな90分作品がゴロゴロと。

つまらない2時間越え連発されてもなあ。

てかリュック・ベッソン関係の90分エンタメ映画(たいしておもしろくないけどサクっと〆る潔さはすばらしい)をでも見習ってくれよ。





| 映画 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 22:09 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://sezam.jugem.jp/trackback/2693
No.202 ゴールデンスランバー
【ストーリー】 山本周五郎賞を受賞した伊坂幸太郎の逃亡劇を、「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」でも伊坂作品の監督を務めた中村義洋が映画化。主演に堺雅 ...
2011/04/03 2:28 PM, from 気ままな映画生活

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM