スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 死刑基準 | main | KARAが「反日」とかいう話。 >>

死刑基準 その2




出演:山本耕史 小澤征悦 戸田菜穂 柏原崇 京野ことみ 光石研 柄本明

この前こういう↓こと書いたわけだけど、まあ、どうでしょう。杞憂だったとは一応言えるとは思うけど。


wowowドラマ。はじまる前だけど。宣伝コピーそのままのドラマだったらやだなと。

「家族が殺されても、死刑反対を言えますか?」って なコピーですが、なら、「家族が冤罪を訴えながらも殺人犯として死刑判決を受け、そしてあなたも家族の有罪に確信が持てないどころか冤罪を確信してる状 況、いや冤罪だということを事実知っている(が証明はできない)状況ですが、それでも死刑賛成を言えますか?はやく死刑執行しろと言えますか?」とかも聞 いたらどうかと。


いや、昔、こういうことも書いたけど。

殺人犯全員死刑論
http://sezam.jugem.jp/?eid=1749

そ もそも、ほとんどの殺人犯は死刑求刑されないし死刑判決も受けないわけで、と。「家族が」とか「遺族が」とか死刑反対派に「どや顔」で言いたがるあなた は、じゃあ殺人犯全員死刑論をちゃんと訴えますか?と。ワイドショーでワイワイやってる事件にだけ噴きあがってないですか?みたいな。



と いうかさ、いやさ、確かに「家族が殺されても」ってのは困難な問いで考えるに値する話だけどさ、この手のノリで軽々しくというか「どや顔」で言うのは軽薄 な問いにしかならんよ。いや、実際に重い「転向」をした弁護士の方がいるのは有名だけどさ。(そして、家族を殺された方にも死刑廃止運動に関わってる原田正治さんのような方もいる。)

というかさ、「家族が」を問うなら死刑だけでなく他の問題でもどんな問題でもすべて「家族が」と問わなきゃ。

いろんな問題で「家族が」や「自分が」と問うことは大切で、それこそジョン・ロールズの「無知のヴェール」みたいな議論ができるかもしれないけど、死刑の話のときだけ、それも一方の面しか問題にしないで、「どや顔」でこういうこと言うのはねえ。


「正 義論」とはまた別に、現実問題というか素朴な直感としては、すべての難問において「当事者」そのものであることは不可能なので(たとえば、自分の子供がソ マリアで餓死寸前ではないし、家族が旧ユーゴ戦争で壮絶な死に方をしたわけでもない)、問題への取り組み方についてはある種の割り切りもしょうがない、と 苦しいながらも、するしかないところもあるし。この「しょうがない」も己の不作為への開き直りではなかろうか、とまたなやましいわけで。その「しょうがな い」はどれほどの葛藤や苦悩がともなったうえなのか。たとえ葛藤や苦悩を経たものであっても、開き直り・居直りの「しょうがない」と結果としては変わらな いのではないか、とか。


このドラマ、こういうこともちろん考慮ずみで、宣伝コピーそのままなんてことにはなってないことを期待したい。とりあえず加茂隆康さんの原作のことはまったく調べずに観てみる予定。




まあ、現実の世の中では弁護側にああやって協力してくれる捜査関係者や検事なんて出てこないでサクサク進んでるんだろうけど。というか、今までの冤罪事件で捜査関係者や検事がこういうことやったなんてないよね?


というか、「冤罪の可能性が1%でもあれば弁護士は」とか言ってたけど、それおかしいでしょ。「死刑求刑されたら、冤罪の可能性ゼロ(たとえば公衆の面前で犯行、鮮明映像あり)でも、担当弁護士は全力で被告人の死刑を回避すべく努力する義務があるでしょう。当たり前に。


それはともかく、

最近の世間の死刑論議って、すっかり「遺族感情」の話ばっかりだなあ。もちろん遺族感情の問題は大切だけどさ、こればっかりに集中するのはなあ。まあ、このドラマは前半はそうだったけど、後半は一応冤罪を焦点にしてたけど。


「もし家族が」とか言うけどさ、「もし家族が凄惨なレイプ被害にあったら」とか考えればさ、加害者殺したくなるよ、死刑になってほしいと思うかもしれないよ、そりゃ。けどさ、

死刑は絶対にないわけで、どんな酷いレイプでも。

被害者や被害者家族が、死刑がムリなら加害者を散々拷問してくれって思ったとしても、絶対にそれはかなわない。

殺人罪で死刑という刑罰が日本では、日本では、存在するから殺人犯の死刑の可能性があるわけで。

レイプで死刑、レイプで拷問、ってな刑罰は日本にはない。いくら被害者が、被害者家族が望んだって、絶対に不可能。

どんなに凄惨な犯罪でも拷問刑にはならない。どんなに凄惨な拷問を加害者が被害者に対してしても、被害者や被害者家族がこの加害者を死刑にしてくれ、死刑がムリならせめて拷問してくれと願ってもそれはムリ。拷問どころか三発殴られるみたいな刑もムリ。

被害者や被害者家族が「一発くらい殴らせろ」ってのも当然ムリ。殺人事件の遺族が「死刑じゃなくてもいい、せめて俺に一発殴らせてくれ」もムリ。

こういう場合、「被害者や被害者家族の思い」は? 

逆に、十人くらいが虐殺された事件があったとして、もし遺族のすべてが「死刑はやめてください。無期懲役にしてください」と言ったとしても、現行法ではまあ死刑でしょう。

「遺族の思い」はとても重要だけど、当然ながらすべてではないわけで。



あとさ、「殺してやりてえ」と思うことと、実際に「死刑にしろ」と公言するまでの距離もあるはず。

俺は妄想の中では散々人殺してるけど、それはあくまで妄想の中だけなわけで。




「ほとんどの殺人犯は死刑求刑も死刑判決もない」と前のエントリーで書いたけど、「遺族が」というなら、死刑求刑されないような殺人事件の遺族だって、死刑求刑・判決になるような最凶クラスの事件の遺族だって、思いはたいして変わらないような気がするし。

遺族の思いは変わらないと仮定するなら、やっぱ殺人犯全員死刑を言うのかと。



このドラマの最後に弁護士が、

「死刑制度は、個人の恨みを国が代わってはらすためためにあるんじゃない。かけがえのない命を奪った罪には、かけがえのない命を差し出すことでしか、つぐなえない。多くの日本人が、死刑制度を支持しているのは、それが理由だと私は思います。」


と言うけどさ、世間ではやっぱ「遺族が」「遺族の恨みを国が代わってはらせ」ってのが強いんじゃないかなあ。

でも↑の弁護士が言うとおりだったとしよう。

じゃあそれならやっぱ殺人犯全員死刑でしょう。

殺人犯全員死刑じゃない現在は、一応最凶クラスの殺人犯だけが死刑事案ってことになってるわけだけど、最凶クラスであろうとそうでなかろうと、殺人犯は「かけがえのない命を奪った」わけなのだから、殺人犯全員死刑だろう。


ちなみに、俺が死刑制度に反対なのは、まあいろいろ理由あるけど、結局のところ、「無抵抗の人間を殺すのはダメ、正当防衛以外の殺人はダメ」ってのに落ちつきそうなかんじ。


追記:

日本では毎年約100万人が 死亡している。ところが、その中で明らかに病死以外の「異状死」とみられる15万人以上の遺体が、正確な死因がわからないまま処理されている。このことが “事故や事件の見逃し”という事態を招き、防げたはずの更なる犠牲者を生み出す「負の連鎖」を生み出している。齋藤愼也さん(当時29)は23年前、北海 道北見市のアパートで死亡した。解剖されずに下された死因は「溺死」。しかし、父・武雄さんはこれを信じてはいない。死の直前、愼也さんが周囲にガス湯わ かし器の不調を聞いていたことと、5か月後、同じ部屋で男女2人が一酸化炭素中毒で死亡したからだ。武雄さんは今も心の整理がつかず苦しんでいる。死因究 明制度が抱える問題を検証し、目指すべき道を探る。

http://www.ntv.co.jp/document/back/201109.html


「遺族が」というなら、こういう遺族や問題にももうちょっと関心を向けてもいいんじゃないかと思う。ワイドショーでワイワイやってる事がらだけでなく。



| 映画 | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 05:22 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://sezam.jugem.jp/trackback/2700

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM