スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< オールスター 第一戦 | main | オールスター 第二戦 >>

サマータイムマシンブルース




なんだか笑えない。最初のタイムトリップの30分までは。その後はそこそこおもしろかった。ごちゃごちゃした割には最後はいいかげんに終わらず話がまとまったのはとてもよかった。二回観ると、細かいところに気づくのもおもしろい。

笑いがすべりまくってたのが残念。魅力のない俳優たちのパっとしないドタバタの中で上野樹里のオトボケも埋没してしまっている。真木よう子には最後近くになってやっと気づいた。無名にしては雰囲気が独特でいいなこの人、と思っていたら真木よう子だった。


| 映画 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 11:12 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://sezam.jugem.jp/trackback/530

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM